期待される木質バイオマス

バイオマス燃料

木質バイオマス利用は、低炭素社会の実現に向けて重要な課題であり、地球温暖化の防止、森林資源の有効活用を通じた森林の整備・保全やそれによる国土の保全、地域の活性化等に大きな役割を果たすことが期待されています。

地域から排出された不要物を燃料として活用

バイオマスボイラー燃料(熱供給)として活用を推進中。地域から排出された不要物を燃料として活用します。エネルギーの地産地消を通して、地域の環境保全はもとより、二酸化炭素の抑制効果による地域温暖化防止に貢献します。

 

木質バイオマスエネルギー(木を利用した燃料)

鳥取県環境立県推進課

木質バイオマスの利用推進について

林野庁

木質バイオマスとは、「木材に由来する再生可能な資源」のことです。
まき、木炭、チップ、ペレットなどの木質バイオマスエネルギーは、森林の適正な管理により持続可能なエネルギーであり、地球温暖化防止や循環型社会づくりにもつながります。
県では、木質バイオマスエネルギーの導入促進を図るため、県有施設にペレットストーブ等の率先導入を進めています。
現在、大量生産・大量消費型の20世紀の生活様式を見直し、資源の循環的、効率的利用を進め、環境に対する負荷の小さい経済社会を築いていくことが緊急の課題となっています。
このような社会を築いていくためのひとつの方法として「木質バイオマス」の利活用が進められています。

 

ブログ

営業日カレンダー

2019年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

休業日

PAGE TOP